[COD:MW]「インフェクテッドモード」が遂に来た!

ゲーム

シーズン1が開催されて1週間が経つ中、遂に待望のインフェクテッドモードが追加されました。CODでに限らず、多くのFPSゲームにおいては定番ともいえる本モード。


僕も早速10マッチ程プレイしたので、今回はプレイレポを書いていこうと思います!

スポンサーリンク

増殖するゾンビから逃げろ!

“増え鬼”のようなルール

本モードはチームデスマッチやドミネ―ションなどとは違い、ゾンビと人間の鬼ごっことなっています。ルールは非常に単純で、ゾンビ(鬼)は人間を全て殲滅、人間は制限時間内まで生き残れば勝利となります。

そしてインフェクテッド(感染させる)の名の通り、開始時ランダムに選ばれた1人のゾンビはナイフで人間をキルすることで次々とゾンビに変えることが出来ます。皆さんも子供の頃に1度は増え鬼をやったことがあるのではないでしょうか?ルールはそれとほぼ同じです。


一方人間側は銃を使ってゾンビを倒すことが出来ます。しかし使用する銃はゲームごとにランダムに選ばれ、ゾンビは無限に復活するので注意……!

芋るが勝ち……?

ゲーム開始されると同時に感染者カウントダウンが始まり、0になった瞬間誰かがゾンビになります。自分かもしれないし、横にいる仲間かもしれない……。ある意味最初が一番怖いかもしれません。

ゾンビはナイフしか持っていないからといって油断はNG!ナイフ持ちなので動きは素早く、デッドサイレンスで足音を消している挙句に角でバッタリ遭遇しては勝ち目がありません。なので序盤のうちに仲間を見つけ固まって動くと生存率を上げられるでしょう。

さらにどこかの建物で仲間と一緒に芋れば基本的に死ぬことはないです。そのうえデプロイカバーも使えば要塞化もできちゃいます。


しかしゾンビは戦術マーカーを使うことが出来るため、人間が立てこもる要塞の近くに置くことでゾン凸が可能。人間側の弾薬も無限ではないので、数で押すことによって倒すことができるのです。

ゾンビとなって戦え

最初にゾンビになったプレイヤーは銃を所持した状態からスタート。そして1キルを取った瞬間にナイフに変わります。


ゾンビはナイフとデッドサイレンス、戦術マーカー、そして投げナイフを装備しているので積極的に使っていきましょう。特に投げナイフは銃を持ったプレイヤーに対して効果的なのでおすすめ!


また人間をキルするごとに30秒時間が延長されます。制限時間ギリギリでもキルすることで大逆転もできます。

ちょっとした息抜きにおすすめ

ハードな戦闘が多いCOD。しかしインフェクテッドモードはワイワイ遊ぶゲームモードなので、マルチの箸休めにはいいかも。皆さんも是非プレイしてみては?

コメント

タイトルとURLをコピーしました