[ミニレビュー]非常に泥臭いCOD「Call of Duty: World at War」

ゲーム

※本記事には多少グロテスクな内容が含まれます。

どうもー、PS5が発表されて心がぴょんぴょんしているケミランチャーです。

皆さんもPS5の発表会を見たでしょうか。バイオやホライゾン、スパイダーマンの新作から
PS5のデザインまで発表されましたね。あの先進的なデザインを見た瞬間「あ、こりゃPS5勝ったな。」と思いました。

でも僕は箱推しですよ!!!



さっそく本題ですが、先日「 Call of Duty: World at War 」をクリアしましたー。
いやー、神ゲーすぎますねこれは。

実は5年前と今年の1月にそれぞれ一周ずつクリアしたのですが、どうしてもプレイしたくなってしまったわけですよ。

スポンサーリンク

「 Call of Duty: World at War 」とは?

みなさんご存じCOD……と言いたいところなんですが、知らない人も多いかと。なぜなら本作、日本では発売されていないからです。な、なんだって~~!!しかもこれ、COD4の翌年に発売された作品だと~~!!!


まぁ、なぜ日本で販売されなかったかは内容を見ればすぐわかります。そう、今作の敵は我が国日本だからなんです。ゲーム中に出てくる日本兵を殺すゲームなので、そりゃ発禁にもなりますわな。

ありのままの戦場

日本軍が出てくるがために発禁となった本作ですが、なにも発禁された理由はこれだけではありません。

なんと本作からシリーズ初のゴア表現を取り入れています。ゴア表現を取り入れたことで、より戦場の雰囲気を再現しているのです。

戦場で砲撃をくらい下半身が吹き飛んだ日本兵、これは日本では発売できませんね。
火炎放射器をくらい断末魔をあげる兵士、頭が吹き飛ぶ味方、ちょっと過激と思われても仕方のない本作。しかし、戦争の実態はこのようなものなのでしょう。

火炎放射をくらいもがく兵士。断末魔が日本語ということもあり、非常に生々しい。
頭を出せば吹き飛ばされる。

今のCODにはない作風

戦争という暴力をゴア表現でありのままに描いた本作。さらに合間には実写をつかった映像が流れることで、より戦争をテーマとしたゲームということを強調しているようにも見えます。

合間の映像は実写が多い。一部過激な映像もあるので苦手な人はオプションで変更推奨。

また、ゲームは太平洋戦線と独ソの東部戦線に分かれいます。特に太平洋戦線はペリリューや日本史ではタブーとされるほど悲惨な戦いが行われた沖縄まで登場。

日本軍パートではバンザイ突撃やカミカゼが普っっ通にでてきます。いまのゲームでこのような表現はおそらくできないでしょう。

バンザイ突撃は自殺に近い。日本軍の必死さが伝わってくる。

FPSは不謹慎?

敵が日本ということもありますが、このゲームは結構不謹慎だなーと感じました。しかし、他のFPSよろしく戦争のクールな場面だけ切り抜いて脚色してゲームにするというのはもっと不謹慎だと僕は思います。

ありのままを描くことで、プレイヤーに戦争というものが伝わるのではないでしょうか。

しかし、今ではFPSも立派なエンタメですからね。難しいものです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました