[CoD:BOCW]COD新作「CoD:BOCW」マルチプレイはどんな感じ?

ゲーム

9月10日午前2時より、CoD新作「コール オブ デューティ ブラックオプス コールドウォー」のマルチプレイ映像&情報が公開されました。本記事では公開された映像や情報などをまとめていきたいと思います!

スポンサーリンク

マルチプレイ映像がお披露目

Call of Duty®: Black Ops Cold War – マルチプレイヤー公開トレーラー

予告通り午前2時に全世界向けへマルチプレイヤー公開トレーラーが公開されましたね!カッコいい音楽とともに疾走感のあるプレイ映像が流れてくるのは定番の流れですが、今回は新要素であるビークルが目立っているトレーラーとなっています。どうやら今作からは戦車や攻撃ヘリ、ボートなどが登場するようです。

マルチプレイマップとしてはマイアミ・北大西洋・アンゴラ・モスクワ・ウズベキスタン・ウラル山脈の6つが公開されました。いずれも楽しそうなマップとなっていそうですが、特に北大西洋は海上がメインとなっているため、新要素である泳ぎが見て取れますね!

マイアミ
北大西洋
ウズベキスタン

新しいゲームモード

そしてお披露目放送では新たなゲームモードについても言及していました。チームデスマッチやサーチ&デストロイといった従来通りのモードはもちろんですが、特筆すべきはVIPエスコートとコンバインドアームズドミネーションでしょう。

VIPエスコートはどうやらレインボーシックスシージの人質に似たゲームモードになりそうです。それぞれ攻守に分かれてVIPを巡るモードっぽく、リスポーンはなさそうです。その代わりダウン要素が追加されているのが確認できました。詳しい説明はファミ通.comが掲載していました。ざっくり説明すると以下の通り。

・6v6
・攻守に分かれ、攻撃側の一人がVIPとなる
・VIPはハンドガン+偵察機のみ
・攻撃側はVIPを回収地点まで護衛、防衛側はVIPを倒すと勝利
・倒されるとダウン状態になる。蘇生はできるが確殺もできる

一方コンバインドアームズドミネーションは、ドミネーションの規模を大きくしたものですね。しかしただ規模を拡大しただけではなく、搭乗できるビークルが存在するそうです。マップによってビークルの種類は変わりそうですが、見た限りでは戦車・攻撃ヘリ・バイク・スノーモービル・バギーが映っていることが分かります。

今回ではこの2つにフォーカスが当てられていたため、他のモードの詳細はほとんどありませんでした。またファイアチームというモードもあるそうです。4人1組の分隊10部隊が激突するモードらしいですが、詳しい情報は明かされていません。

個人的に1つ気になるのがグランドウォーはどうなってしまうのかということですかね。これだけビークルがたくさん登場するなら60人規模の大規模戦もあった方が面白そうですが……。今後発表でもあるのでしょうか?

またWARZONEに関する言及もあったものの、映像や詳細の公開はありませんでした。英語があまり得意ではないため何と言っていたのかはほとんどわかりませんでしたが、たぶんWARZONEではMWのデータの一部が引き継げる的なことを言っていた気がします。(あくまで個人の意見です。)データ引継ぎに関しては前に発表があったからおそらくあっているかな??

ガンスミス・スコアストリーク

MWから実装されたガンスミスは今作でも引き継がれるそうです!PERKやフィールドアップグレードも内容こそ変わりますが続投とのこと!

またワイルドカードも復活するとのことです!!

さらにMWではキルストリークでしたが、本作からはスコアストリークに変更されます。しかも死んでもスコアはリセットされないそうです!

オープンベータの日程も

オープンベータはPS4先行で海外時間10月8日となっていました。日本だと10月9日でしょうか。XBOXとPCも少し遅れて開始だと思われます。

ゾンビモードも確認

そしてマルチプレイヤー公開トレーラーの最後にはゾンビモードがチラッと映っていました。続報に期待大ですね!!

コメント

タイトルとURLをコピーしました