アクション

ゲーム

破壊しまくりTPS『Red Faction Guerrilla Re-Mars-tered』のプレイ感想。

私が初めてこのゲームを遊んだのは約10年以上前。このゲームで行える破壊の自由度に感動しながら、無我夢中にXbox360のコントローラーを握っていました。ありとあらゆる建造物を破壊・倒壊させることが出来るというビデオゲーム体験は唯一無二で、今...
FPS

優等生クオリティ『Red Faction II』のプレイ感想。

『Red Faction』や『Saints Row』の開発で知られるVolitionがいつの間にか閉鎖していたと思ったら、つい先日にコアメンバーたちが在籍する「Shapeshifter Games」が設立されたというニュースを目にしました。...
FPS

前線押し上げFPS『Frontlines: Fuel of War』のプレイ感想。

いまさら年が明けたことを実感するこの頃。気づいたらあっという間に2024年になっていることに驚愕しています。私の体感だと『AKIRA』Yearだった2020年はまだ数か月前くらいの感覚なので、そこからもう4年経っているというのが信じられませ...
FPS

どこか寂しい『S.T.A.L.K.E.R.: Call of Pripyat』のプレイ感想。

グラフィックが肌に合わないという理由で放置していた『S.T.A.L.K.E.R.: Call of Pripyat』。今回のプレイでは、テクスチャの品質を向上させるCall of Pripyat Completeを導入しました。ぱっと見で大...
ゲーム

懐かしさを感じる美少女TPS『バレットガールズ』のプレイ感想。

シューターは好きですが、たまにはオッサンではなく可愛らしいキャラクターも操作してみたいものです。ということで今回は『バレットガールズ』をプレイしました。『地球防衛軍』や『ドリームクラブ』でおなじみディースリー・パブリッシャーから発売された美...
FPS

90年代FPSの正当進化『DUSK』のプレイ感想。

オールドスクール、レトロFPS、ブーマーシューター...。呼び方は様々ですがここ数年、かなりの数の90年代風FPSが登場しています。この手のジャンルが好きな人にとっては嬉しいリバイバルですが、やや似たような作品が乱立していると感じてしまうの...
FPS

アクション映画FPS『Maximum Action』のプレイ感想。

数年前『男たちの挽歌』シリーズに憧れて、VRシューター『Gun Club VR』でベレッタを撃ちまくっていた時期がありました。映画で観るガンアクションを自分で体験したいという欲求は、アクション好きなら誰でもあるかと思います。今回プレイした『...
FPS

これは酷い『Call of Duty: Modern Warfare III』のプレイ感想。

『Call of Duty』20周年という節目に登場したのは、史上最悪のキャンペーンでした。 CoDといえばキャンペーン、映画のような興奮と没入感を体験できるシングルプレイキャンペーンは同シリーズの顔です。これまでに多種多様なキャンペーンが...
FPS

特殊部隊っぽいFPS『Tom Clancy’s Rainbow Six Vegas』のプレイ感想。

私が初めてプレイしたRainbow Sixは『Tom Clancy's Rainbow Six Vegas 2』。特殊部隊になりきって遊べるFPSというのが新鮮で、Xbox360を購入したばかりの頃はよく遊んだものです。今回はその前作である...
FPS

この時代のFPSが好き『Battlefield: Bad Company 2』のプレイ感想。

先日U-NEXTで『戦略大作戦』というWWⅡモノの戦争映画を観ました。主人公率いる部隊がナチスの金塊を入手するため、大義なんかそっちのけでドンパチを繰り広げるというどこかで聞いたことあるような内容の映画でした。そう、『Battlefield...