【ゲームレビュー】『VIETCONG2』レビュー。クソみてぇな市街戦…。

ゲーム

どうもお久しぶりです、ケミランチャーです。なんか唐突にゲームブログを再開したくなって、始めちゃいました!いやぁ、こうやって文章を打つのもなんだか懐かしいな~。最近は絵ばっかり描いていたので、あんまりブログが投稿できていなかったというのもありますが…。

確か最後の記事を投稿したのは昨年の9月頃でしたね。あの後は新型ハードをゲットしたり、サイバーパンク2077をプレイしたりで大忙しでした。今はだいぶ生活にも余裕ができたので、今後もダラダラとブログは続けるつもりです。あとブログでのクリア報告のたびにファンアートでも書いてみようかな。(練習にもなるからね!)

さて、今年一発目に紹介するゲームは『VIETCONG2』。僕のブログでも感想を書いたことのある『VIETCONG』の続編ですよ~。

スポンサーリンク

ジャングルからフエでの市街戦へ

前作『VIETCONG』はコアなFPSゲーマーでは知らない人はいないくらいの名作ですよね。ポイントマンについていくゲームスタイル、温度まで伝わってきそうなジャングルでの戦闘、クソ長いトンネル、と上げればキリがないほどいいゲームでした。

そんな神ゲーの続編が『VIETCONG2』。今作はジャングルでの戦闘から打って変わって、フエでの市街戦がメインとなっています。テト攻勢からフエ皇宮奪還までを描いており、ジャングルでの戦闘は一切ありません。

戦車だ!戦車!!
ジャングルから一転、小綺麗な教会での戦い
なんかWaWの首里城のステージ思い出した

市街戦はストレスMAX

なんかネットみると今作は結構不評みたいです。「どうせジャングルじゃなくてナム戦ないからだろ~(笑)。」とか思っていたのですが、そんなことを思っていた自分が甘かったです。

ちまちま撃ってくるベトコン、理不尽に殺される主人公、射線に入ってくる自己主張の激しい味方…。

幸いにも今作では仲間に指示をだせるので、仲間を銃弾飛び交う危険地帯に前進させ、こっちは後方で狙撃という形でクリアしました。

てめぇ、弾除けにもなってねぇぞ仕事しろ!
結局指示出し芋砂プレイ
死屍累々…。みんな死んじまった。

北ベトナムキャンペーン!

また今作はアメリカ軍パート以外にも北ベトナム軍キャンペーンがあります。やはり戦争ゲームや映画が両者の視点から描くべきだよな!

I kill you GI !
突撃~!!

ナム戦は良い

クリア時間は全部で4時間ほど。短いし、あんまりパッとしないゲームだったかな。でもベトナム戦争FPSってだけで面白く感じてしまった自分がいる。なんかナム戦の泥臭さって好きなんだよね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました